産業医求人(嘱託産業医)は開業医におすすめ

産業医の非常勤求人は、嘱託産業医 と呼ばれるものが多いようです。嘱託産業医は、月に1回から数回、事業場を訪問して、労働者の健康管理や相談などを行う医師です。

普段は開業医や勤務医として働いている医師が、副業として嘱託産業医をすることが多いです。特に地方などの会社や工場では常勤ではない産業医を必要とする場合が多く、そのような場合は地方の開業医が産業医非常勤(嘱託産業医)として働いています。

開業医で週4日働いている場合は産業医として週1日働くというイメージです。そのような働き方でバランスがとれた働き方ができるでしょう。産業医と同じように校医として働いている開業医もいます。

嘱託産業医のメリットやデメリット

嘱託産業医のメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  1. コストの低さ:嘱託産業医は非常勤であるため、企業側は人件費や福利厚生費などを抑えることができます。
  2. ワークライフバランスの保持:嘱託産業医は月に数回の訪問だけでよいため、医師側は自分の時間を有効に使うことができます。また、開業医や勤務医として働きながら、副業として嘱託産業医をすることも可能。
  3. 臨床経験の活かし方:嘱託産業医は、労働者の健康管理や相談などを行うため、臨床経験を活かすことができます。また、企業の特性や業界に応じて、様々な疾患や問題に対応することもできます。

嘱託産業医のデメリットとしては、以下のような点が挙げられます。

  1. 急な対応ができない:嘱託産業医は非常勤であるため、事業場に常駐していない場合が多く、職場での急な事故や緊急事態に対応することが難しい場合があります。鬱などの精神疾患の勤務停止判断などを下す必要がある。
  2. 見極めが必要:嘱託産業医は複数の企業と契約することが多いため、(価値観や働き方)が自分に合った企業を見つけることが重要です。企業の規模や文化、産業医の役割や期待度、報酬や契約条件が様々なため確認が必要になります。

関連

TOP > 医師募集 > 神経内科の医師の募集は多い

MENU

TOP 医師求人について 医師転職エージェント 老健の医師求人 医師求人 医師募集と僻地 医師転職

2024年4月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930