神経内科の医師の募集は多い

昔はうつ病といっても、特別な人がなる病気と思われていましたがいまは、だれでもなる可能性がある病気と思われていますし、また患っている人もかなり増えています。うつ病や躁うつ病などになるのは、ほんのささいなことからなる可能性があるといいます。

ちょっとした気分の落ち込みでも深みにはまってしまい治療してもかなりの時間を要することもあります。多くの患者がいて治療には時間がかかり、年々患者が増える一方となると、神経内科の医師が不足してしまうのは当然のことです。その結果神経内科の医師の募集は多いですが、以前として不足しているのが現状です。