医師転職

産婦人科は2000年頃から労働条件が厳しいことや医師の逮捕事件などにより不人気の一途をたどっています。しかしながら、事件後の勤務状況改善により不人気の傾向も少しずつ弱くなってきています。

それでも、医師転職募集数は他の医療分野よりも多いのは事実です。
医師転職を決断する上で重要になるのが自己の理想的な労働形態に近づけるということです。産婦人科の医師求人の勤務地は都市部・地方、大医療機関・小病院といった様々な場所があり、不人気分野のために転職後は年収が増える場合も多いです。

また、女医を積極的に募集する医療機関も多いです。