医師転職事情は地域と科目にポイント

医師が不足していてどこも売り手市場かというとそうでもなく、地域によって偏りもありますし、すべての科目において不足しているかと言えば元々の求人の数自体も異なるでしょう。不足しがちな医師とは主に内科系が多いですが、内科系でも小児科や産婦人科が不足が叫ばれていますが、訴訟問題や経営の問題もあり、不足しがちな地方自治体などでは総合病院に集約されるケースも多く、求人数も内科自体に比べれば多くはないでしょう。

一方で耳鼻科や皮膚科においても手術などが少なく、重篤な患者が少ない事もあって医師によっては人気の職種でもありますが、求人数は多くはないでしょう。転職するにあたってすべての科目が売り手市場ととらえてしまうと蓋を開けてみると地域や科によって偏りがある事が解ります。