医師転職事情は地域と科目にポイント

医師が不足していてどこも売り手市場かというとそうでもなく、地域によって偏りもありますし、すべての科目において不足しているかと言えば元々の医師求人の数自体も異なるでしょう。

不足しがちな医師とは主に内科系が多いですが、内科系でも小児科や産婦人科が不足が叫ばれていますが、訴訟問題や経営の問題もあり、不足しがちな地方自治体などでは総合病院に集約されるケースも多く、医師求人数も内科自体に比べれば多くはないでしょう。

一方で耳鼻科や皮膚科においても手術などが少なく、重篤な患者が少ない事もあって医師によっては人気の職種でもありますが、医師求人数は多くはないでしょう。

医師転職するにあたってすべての科目が売り手市場ととらえてしまうと蓋を開けてみると地域や科によって偏りがある事が解ります。

医師転職で難しい条件交渉

実力を備えている医師の場合には、医師転職をする際にできるだけステップアップしたいと考える人もいます。

医師求人の記載されている条件で働くのは難しいと感じた場合には、条件交渉を行った上で医師転職をしたいという人もいます。しかし、条件交渉というのは、医師転職の活動の中でも特に難しい部分でもあります。

医師転職では、自分の希望ばかり主張しても受け入れてもらえない可能性がありますし、その一方で相手の話をそのまま受け入れてしまうと、自分の希望とは異なる条件で医師転職をするという事になる事もあります。交渉する際には、相手の様子を伺いながら押したり引いたりしつつ、交渉を行う人もいる様です。

お金が減っても医師転職を

受け取れる給料などが減ってしまう可能性もありますので、医師転職を考えていく場合は、給料などの転職後の状況をしっかり確認してください。

転職を簡単にできるサービスも増えていますが、転職によって給料が減ってしまい、生活スタイルが変わっていくこともあります。給料を増やすために転職したのに、転職後しばらくの給料が安くなる場合もあるので、給料については相談した方がいいです。

これまでの経験などを活かしつつ、治療や手術などで貢献できることを伝えて、もう少し給料面の待遇を図っても構いません。医師転職では面接で伝える場面があります。

高齢化社会を見据えた医師転職

日本においては人口が減少傾向にありますので、これからの医療にも不安があることでしょう。医師のような技術がある仕事においても、そうした傾向で左右されることがあるようです。それであれば、今後の日本の背景を考えて、医師転職を考える医師もいることでしょう。そうした際に、高齢者を対象にした診療機関などのニーズが高くなるようです。

自らが積極的に動く事は望ましいことではありますが、できれば第三者の専門家のサポートがあった方がいいでしょう。そうした専門家においては相場も熟知されていますので、より良い情報を教えてくださることでしょう。

産業医に医師転職を行う

あまりよく知られていませんが、産業医という職業があることを知っていますか。この産業医については一般の医師と異なり、病気の治療をおこなうのではなく、所属している従業員のメンタルケアをおこなう役目を担っています。

このような産業医においては、入院の機関がある病院と異なり、勤務時間等の面で働きやすいことから医師転職を考えているような人も多いようです。

産業医求人に関しては人気の医師求人になりますので、しっかりとキャリアコンサルタントのサポートを得ながら探すようにしましょう。自分にあった産業医のお仕事があると良いですね。