アルバイトの医師求人でも重要点を確認

医師求人のアルバイトを見つける場合でも、自分の条件に合致したものをしっかり見つけるべきでしょう。たとえば、定期的な勤務を望むのであれば、シフトなどをきちんと確認することです。また、副業的に勤めたいのであれば、スポット勤務ができるのか否かも、確かめることでしょう。

あるいは、時間に融通が利く勤務体制もあります。午前のみ、午後のみ、夕方のみなどがあります。別な病院では、正職員でありながらも、スポット的に勤務することもできます。この点なども、きちんと理解しておくべきでしょう。なお、医師求人のアルバイトでも、インターネットで見つけることができ、専門企業などもあります。

医師求人を探す前に準備すること

医師求人を探すのはとても大切なことですが、医師求人を探す始める前にやっておいた方がいいこと、また準備しておくものなどはあるのでしょうか?まずはそこから確認してみましょう。

まず準備するものですが、自分の学校で販売されている履歴書です。こちらは学生である間は自分の学校のものを使用するのが通常です。購買などで販売しているはずですので、まずは探しに行ってみましょう。

もしそこで見つからないようでしたら、就職課に行けはどのようにして入手できるのか教えてくれます。この他には成績表がある所がほとんどです。各学校で出し方が異なっているので、正しいやり方に沿って発行してください。

非常勤医師アルバイトは当直が人気

人手不足が深刻化している病院では、常勤医が夜間も担当して、寝ずに働くというケースも決して珍しくありません。こういった過酷な労働環境を改善するために、当直をアルバイト医師に任せる病院が増えてきているといわれています。

このため、医師バイトでも常勤と非常勤だけではなく、単発などの1回から勤務ができる医師求人も揃っています。

常勤医を休ませるために必要不可欠な当直の医師アルバイトは、ニーズが高いことから、給与も高いといわれています。なかでも休日の当直なら、高額収入を期待できます。短期間で稼ぎたいという医師の方におすすめの働き方と言えます。

希望者が少ないので産業医師求人は多いです

産業医求人はたくさんの企業が出しています。従業員を50人以上雇っている企業では、1人以上産業医を雇用しなければならないという法律があります。

医師求人で目にする産業医求人での主な仕事が、従業員の健康管理で、健康診断などを行うように企業に助言をして、従業員の健康維持を行います。従業員に直接指導を行ったりもします。他にも月に1度、職場を訪問し健康相談を聞いたり、現状を聞いて改善策などを企業に対し助言をしなくてはいけません。

従業員の健康管理と、とても重要な仕事をする医師になるので、医師求人募集をかけてもなり手が少ないのが現状で、多くの企業で産業医の確保が困難になっています。